2015年08月19日

料理記事サンプル

【サンプル/「料理原稿」】


牛筋肉の赤ワインソース煮込み

pic4-2.JPG

「赤ワインソース煮込み」という名称などを聞くと、「家でできなさそう……」「難しそう……」と思ってしまいますよね。
でも、実は、このメニューは、時間さえかければ、誰でも簡単にできてしまうのです。
たった5ステップでできる、国産豚肉の赤ワインソース煮込みの作り方をお教えしちゃいます。


<材料と作り方>
【材料】
じゃがいも2個 牛筋肉100グラム 赤ワイン100CC コンソメスープ200CC コショウ ウスターソース15CC あればローリエやローズマリー

【作り方】


pic1.JPG
@写真のように材料を切っておきます


pic2.JPG
A赤ワイン、コンソメスープ、コショウ、ウスターソースを合わせます

pic3.JPG
B材料とAを合わせ、蓋をして、一番弱い火力で煮込み始めます

C2時間以上煮込みます。水分が足りなくなったら、上から水をどんどんつぎ足します

D焦がさないように注意し、ときどき鍋の底をかきまぜます




pic4-1.JPG
E完成です!


【工夫する、考える、アレンジする】
牛筋肉は安くて硬い肉ではありますが、しっかり煮込むことでとても柔らかくなります。骨がついていても、しっかり煮込めば、そのまま食べられる柔らかさになるでしょう。
この料理は、とにかく「長い時間をかけて煮込むこと」がおいしさのキーになります。上では「2時間以上」としましたが、半日程度煮込むとさらによいでしょう。シャトルシェフなどをおもちの人は、それを使ってもいいですね。

ここではハーブとしてローリエとローズマリーを使いましたが、ニンニクなどを採用し、しょうゆを調味料として使うと、和風の味に仕立てることもできます。ショウガなどを使ってもいいですね。

ほかの料理をする前や、家事の前にこれだけを仕込んで放っておけば、後は水を足すだけで完成してくれます。焦がさないように注意するだけでおいしくておしゃれにできあがるのでぜひどうぞ。

夕食のおかずとしてだけでなく、ビールや赤ワインなどにもよくあいますよ!


posted by 鍋谷萌子 at 02:48| Comment(0) | サンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。